よろず介護コラム

平成30年度診療報酬改定の基本方針 厚生労働省

投稿日:

昨年の12月13日、中医協及び社会保障審議会医療部会において、「平成30年度診療報酬改定の基本方針」が出された。平成30年度の改定は、6年に一度の診療報酬・介護報酬の同時改定であり、超高齢化社会と言われる2025年に向けての重要な同時改定でもある。

2025年に団塊の世代が75歳を超えて後期高齢者となり、国民の3人に1人が65歳以上、5人に1人が75歳以上となる

改定の基本的認識

  • 人生100年時代を見据えた社会の実現
  • どこに住んでいても適切な医療・介護を安心して受けられる社会の実現(地域包括ケアシステムの構築)
  • 制度の安定性・持続可能性の確保と医療・介護現場の新たな働き方の推進

避けられない問題となっている少子高齢化を見据えた内容となっており、今後も国民皆保険制度をはじめとした適切な医療・介護を受けられる社会は多くの国民が求めている。このような社会を実現するための診療報酬改定でなければならない。

改定の基本的認識

  1. 地域包括ケアシステムの構築と医療機能の分化・強化、連携の推進
  2. 新しいニーズにも対応でき安心安全で納得できる質の高い医療の実現・充実
  3. 医療従事者の負担軽減、働き方改革の推進
  4. 効率化・適正化を通じた制度の安定性・持続可能性の向上

各機関の連携が必須となっており、医療・介護の現場もこれまで以上に一体となって、環境整備を行う必要が出てきている。将来にわたって安心して医療・介護を受けられるようにするためには、今が正念場であろう。

参考:厚生労働省 平成30年度診療報酬改定の基本方針
http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000187430.html

-よろず介護コラム
-, , , , , , , , , ,

執筆者:

関連記事

介護ロボットの活用で夜勤加算の要件の緩和を提示 厚生労働省

11月29日(水)に社会保障審議会介護給付費分科会が行われた。当会では、平成30年度介護報酬改定に向け、「介護サービスの質の評価・自立支援に向けた事業者へのインセンティブについて」「共生型サービスの報 …

【介護施設向け】ペッパー君が250人とコミュニケーション!

目次1 とりあえず、ペッパーとは?2 健康王国トーク for Pepper3 顔認識する事で。。。4 関連 とりあえず、ペッパーとは? Pepperとは感情認識ヒューマノイドロボット。ソフトバンクロボ …

補助金と助成金の違い

補助金と助成金は、国や地方自治体から交付される返済不要のお金です。支給時期は原則として後払いとなるため、支給額を見込んだビジネスプランを建てるのは注意が必要です。   「助成金」 ・雇用や労 …

介護ロボットってどんなもの?

最近、よく耳にするようになった「介護ロボット」という単語。平成26年度「介護ロボット等導入支援特別事業」で補正予算が組まれたことで、より多くの人がその存在を知ることになったのではないでしょうか。国では …

介護スタッフのための睡眠コラム(1) 年をとったら遅寝早起き!

介護事業に携わる人であれは、入居者や利用者の「睡眠」について、あれこれ頭を悩ませたことは必ず一度はあるのではないでしょうか。こちらのコーナーでは、睡眠の専門家である三橋美穂先生に、高齢者にとっての睡眠 …

PR

介護事業所向け見守りセンサー

人気の記事