NO IMAGE

自宅で医療や介護が必要となったら?

住み慣れた地域で必要な医療・介護サービスを受けるとき、安心して自分らしい生活を実現できるよう、さまざまな専門職が支援に関わっています。今回はその中でも「ケアマネジャー」についてお話しします。
「ケアマネジャー(介護支援専門員)」とは、医療・保健・福祉のサービスを一元的に提供するために設けられた公的資格を持つ人です。
高齢者が抱える生活上の課題を明らかにし、自立した日常生活を送れるよう支援することや、高齢者とサービス事業所をつなぎ合わせる調整役を担います。ときには、高齢者の代弁者となり、サービスの改善や要望を事業所に伝えることも担っています。
その外にも、訪問診療が必要な人には医療機関への橋渡し、生活に困窮されている人には市の生活困窮相談窓口等を案内、食事に困っている人には配食の紹介や施設の入所支援・・・など仕事内容は多岐に渡ります。
あなたやあなたの身近な人が在宅医療や介護が必要となった際には、お近くの居宅介護支援事業所まで気軽に電話ください。ケアマネジャーがご自宅や病院等に伺い相談をお受けします。
居宅介護事業所がわからない人は、地域包括支援センターもしくは高齢福祉課に問合せください。

詳しい内容はこちら

介護ニュースカテゴリの最新記事