「地域支え愛 村とも」が完成 羽咋市

「地域支え愛 村とも」が完成 羽咋市

4月14日、大町で生活支援と介護予防の拠点施設「地域支え愛 村とも」の竣工式が開かれ、関係者約50人が参加し、その完成を祝いました。

同施設は、社会福祉法人「弘和会」(四柳町)が運営し、障害者の就労支援や病後児の見守りを充実するためのスペースも確保。JAはくいと農福連携を行い、来年春から約20人の障害者が無農薬・無肥料の自然栽培の担い手となることが計画されています。

弘和会の畝和弘理事長が「高齢者、障害者、子ども、そして地域の皆さんと一緒に支え合いの仕組みを作り、共生型のサービス、まちづくりを考えていく第一歩にしたい」とあいさつ。山辺市長が「この施設から地域の支え合いの活動が広がっていくことを期待します」と述べ、稲村建男、本吉淨与の両県議会議員も祝辞を述べました。

なお、同施設は、5月1日の開所を予定しています。

詳しい内容はこちら

介護ニュースカテゴリの最新記事